• 写真フォト
TOP > アルプの仕事 > 福祉施設設計 > 社会福祉法人 北九州福祉会 サン・グリーンホーム,サングレース

社会福祉法人 北九州福祉会 サン・グリーンホーム,サングレース

社会福祉法人 北九州福祉会 サン・グリーンホーム,サングレース

所在地   北九州市八幡西区大字則松103番
用途   特別養護老人ホーム・老人保健施設
構造規模   RC造 延床面積8,928.76㎡
新館概要   特別養護老人ホーム
グループケアユニット(10人×2ユニット) 、地域交流スペース
老人保健施設
通所リハビリ(デイケア) 40人 、既存施設拡充(療養室・食堂・浴室)
設計協力   (有)テン建築事務所(構造) 、(有)シード設計社(設備)
施 工
  五洋建設(株)  三勝電機(株)  (株)菱熱
工 期
  H14~16年

request

お客様からの要望

写真右手の既存建物との連続性を持ちながらも、今まで見えていた森の緑を極力隠さないように増築することが設計与条件でした。1階はピロティ、2階は特養と老健双方から使用する「ふれあいホール」をガラス張りにして樹々を見通せます。(既存建物の延長上が老健、直行する建物が新型特養です。)

手探りながらも小規模人数でのケアの重要性を踏まえ完成した、北九州市初の「新型特養-グループケアユニット」です。

concept

全景
外観(左のサン・グリーンホーム新館、ふれあいホールで右側の老健サングレースとつなぐ)
タイルの外壁に唐松の木製ルーバーと手摺のアクセントです。西日対策の役割を持たせています。
全景
屋上緑化
屋上緑化
花や木を植え緑化しています。季節ごとの変化が楽しみです。
ふれあいホール
外観写真でも解りますが、全面ガラスとすることで裏山が見渡せます。
真っ赤な柱は建築主の発想です。
「ドキッとしてハッとして♪」
ふれあいホール
2階共同生活室
2階共同生活室
広い空間で、自然の光が入る料理もでき会話もはずみそうです。
優しいくつろぎスペースとなっています。
居室
バルコニー側からほどよい光が入り、落ち着いた雰囲気となっています。
居室
サングレース デイケアセンター
サングレース デイケアセンター
40人規模の通所リハビリテーションに増築拡充。玄関よりスタッフコーナー~食堂。
奥には山の緑
サングレース デイケアセンター
 
2階共同生活室
サングレース 3階浴室
サングレース 3階浴室
山あいの温泉気分で入浴。お元気になってほしいです。
 

暗くなると電球色の明かりが温かさを演出します。今日一日に感謝して御休みなさい。

夜の外観

エアコンの故障があった以外は特段トラブルなくお使いいただいています。
1階にある、地域交流ホールでは「介護予防教室」が開かれています。
ピロティ部分は夏祭りの日除け場所として重宝され、通常は公用車を停めています。
送迎の時熱く滾っていないのは有難いですね。