• 写真フォト
TOP > アルプの仕事 > 病院建築設計 > 医療法人 慈恵睦会 八幡慈恵病院 増築・改築

医療法人 慈恵睦会 八幡慈恵病院 増築・改築

yhp-zennkei.jpg

所在地   北九州市八幡西区木屋瀬1丁目12番23号
病床数   130床(一般60床・療養70床)
診療科目   内科 胃腸科 循環器科 放射線科 リハビリテーション科
構造規模   鉄骨造 4F 増築 延床面積2644㎡ 改造 鉄筋コンクリート造 3F 2143㎡
設計協力   (有)シード設計社(設備)
施 工
  若築建設株式会社 北九州営業所
工 期
  1998年12月~1999年11月

request

病棟の再編成、療養病棟とすべく増築、既存の改築を希望された。当然、既存病院を稼働させながら工事を実施、工期の短縮とイニシャル・ランニングコストの削減を依頼された。医療法人 慈恵睦会 慈恵病院オフィシャルホームページ

concept

南東側全景
病棟面積は2倍に、病室面積は8㎡以上/床となりました。
工期短縮を図り、鉄骨造とし、既存建物の階高が低くスプリンクラー設備を設けることが困難。消防法上、「別棟」とし除外適用を受けたにもかかわらず、有機的に動線を処理。窓まわりは2重シーリングとし、窓上部にアルミ既成庇を設け防水は万全を期しました。徹底的にイニシャルランニングコストダウンを図るため、当院に於いて不要な設備その他は廃しました。
yhp-tounanngaikan-02.jpg
yhp-rihabiri.jpg
増築棟4階 リハビリテーション室
東西南北ともに眺めがよく、通風・採光ともに申し分の無い快適な訓練室。最上階ゆえに、天井の高さも十分に確保出来ました。訓練機器レイアウトは、将来設置予定も含め余裕のあるものとなっています。
 
既存棟2階 ナースステーションまわり
既存部も廊下幅2.7㎡、病室4床以下・8㎡とし、内装も一新したので、訪れる方には既存と増築の区別はつかないほど。右手はデイルーム。増築部との防火戸が見えるが(オープン前の撮影のため)通常は開放しています。
 
yhp-NS.jpg
yhp-syokudou.jpg
食堂・談話室